Chienomi

AURにあるMozc-UT系パッケージについて

Live With Linux::archlinux

問い合わせはないけど、わかってない人が多そうなので。

パッケージの要約
パッケージ名 Status Maintainer Bindings
mozc-ut-unified active yek(私) fcitx
mozc-ut-unified-full active yek(私) fcitx
mozc-neologd-ut active yek(私) fcitx
mozc-ut active? naoina fcitx
mozc-ut2 OoD trickart(), ponsfoot fcitx, ibus
mozc-neologd-ut+ut2 OoD trickart() fcitx
mozc-ut-united inactive? OrangeJuicelol ibus

パッケージについて

mozc-ut-unified

utuhiroさんのmozcdic-utとfcitx-mozc-ut.PKGBUILDをそのまま利用するもの。

AUR向けにいくらか調整はしているけど、中身は基本的に同じ。ソースもutuhiroさんのリポジトリになっている。

現行のmozc-ut。

utuhiroさんのリポジトリは最新以外のファイルは消しているので、タイミングによってビルドできないことがある。

mozc-ut-unified-full

mozcdic-utのmake-dictionaries.shを使ってすべての辞書を有効にしたもの。 ソースは私のOSDN。

かなりサイズが大きいというのもあるが、一般的な語よりも固有名詞を優先する傾向があり、ちょっとクセが強いと感じる場合もある。

mozc-neologd-ut

当初はmozc-neologd-utをアップストリームにしていたが、その後mozcdic-ut-neologdがアップストリームになり、現在はmozcdic-ut-neologdが廃止されたため、 mozcdic-utをベースにして少しmake-dictionaries.shをいじって郵便番号辞書とneologdだけを使うような仕様にしている。 ソースは私のOSDN。

サイズが小さく軽め。あんまりスラングを使わない人ならいいかもしれないけれど、一般語に関して他のutよりも良好というわけでもない。 私は、「もう廃止してもいいのではないか?」とちょっと思っている。

mozc-ut

utuhiroさんがロストしてしまった初期版mozc-ut。

パッケージそのものはメンテナンスされている模様。UTのソースはGitHubに置いているようだ。

mozc-ut2

mozc-ut2がアップストリームだったもの。 mozc-ut2そのものが廃止されたためOoDになっている。

本体とfcitxバインディングのメンテナーがtrickartさん、ibusバインディングのメンテナーがponsfootさん。

mozc-neologd-ut+ut2

mozc-neologd-utとmozc-ut2を組み合わせるパッチを使った魔改造版。

mozc-ut2廃止によりOoDとなった。

mozc-ut-united

内容的にはmozc-ut-unifiedと同じ。

同じ内容で別パッケージにしてある理由は、おそらくibusバインディングがほしかったのだろう。 (mozc-ut-unifiedはfcitxバインディングしかない)

ただ、更新が6月で、もうとっくにソースファイルは消えているので実質OoD。