Chienomi

AoEとNBD(とiSCSI)の違いを調べた

ハブの口が3つも足りなくなってしまったため、追加購入するために、AoE(ATA over Ethernet)でフレームを損失した場合にどうなるのかということを含めて調べた。

日本語情報がないため、参考としてまとめておく。

  • AoEはATAコマンドの直接発行。Ethernetフレームを利用
  • NBDはTCPなので、iSCSIとほとんど同じ
  • NBDがBlock Deviceもしくはfile,iSCSIはdiskが下層、という説明もあるけれど、確認できず
  • NBDのほうがパフォーマンス的に有利らしい
  • AoEはWindows, Macでも利用可能。NBDは無理っぽい
  • AoEはフレームを損失した場合、それを回復する機能はない
  • AoEの通信はMACアドレスで行うから外部からの攻撃に強いよ、という説明もある

AoEがデータを壊す可能性があるのか?信頼できるのか? については、このあたりが論争。

Clearing up some misconceptions about the AoE protocol

興味深いけれど、結局どうなのか私には判別しにくい。

Wrote on: 2015-10-20T00:00:00+09:00