Chienomi

(Manjaro) Cinnamon環境からGNOMEをアンインストールする

GNOMEやKDE Plasmaは依存関係が深く、一度インストールしてしまうとアンインストールが難しい。 特にCinnamon環境ではpacman -Rsc gnomeするとCinnamonにとって必要なパッケージまでもごっそり消えてしまい、相当リスキー。

Cinnamonの場合はpacman -R gnomeもできない。XFce4環境の場合はpacman -R gnomeは可能だが、pacman -Rs gnomeはできない。

アンインストール

-Rddなら消すことができる。

pacman -Rdd gnome kde-applications plasma

Rddで何が起きる?

gnome

GNOMEアプリケーションが消えるのはもちろんだが、特に痛いのが、gvfsとNetworkManagerが消えてしまうこと。 特にNetworkManagerが消えたまま再起動すると、キャッシュから再インストールする必要がありちょっと面倒。

また、Cinnamonが使用するGnome Terminal, Gnome Keyring及びGnome Screenshotも消える。

pacman -Rdd gnome
pacman -S networkmanager gvfs gvfs-goa gvfs-gphoto gvfs-mtp gvfs-nfs gvfs-smb gnome-terminal gnome-keyring gnome-screenshot

Evince, Geditなどのアプリケーションも必要なら再インストール。

Cinnamonを使用していないなら、NetworkManagerだけで十分。

kde-applications

KDE Plasmaを使用している場合を含めて、困るような削除は発生しない。 必要なものだけ再インストールすれば十分。

plasma

KDE以外が使うものとしてはbreeze-gtkが消える。

また、Qtデスクトップを使う場合はbreeze, oxygenが削除されることも影響が出る。

ちなみに、他のデスクトップで常駐するようなものはkde-applicationsに含まれているため、plasmaまで消す必要はあまりない。

Wrote on: 2019-09-16T00:00:00+09:00